看護の現場ですぐに役立つ 婦人科ケアのキホン

概 要

婦人科は臨床実習で回ることもあまりないため、配属された看護師は、はじめて見る診察方法や使用機械などに戸惑います。ところで婦人科に戸惑うのは看護師だけではありません。患者さんも不安や緊張を感じます。本書は、はじめて婦人科に配属された看護師のために、主な診察や処置、検査、疾患、治療のポイントなどを基本から丁寧に解説します。しっかりとした技術と知識を身につけて、患者さんの不安に応えてあげてください。

著者 岡田宏子
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-5388-2
発売日 2018/5/26
判型 B5
ページ数 140
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 女性生殖器の解剖と生理

女性生殖器の解剖

ホルモン分泌と性周期

Chapter2 婦人科の診察と主な処置

婦人科一般診察

外診と内診

膣鏡診

直腸診

膣洗浄

子宮頸管拡張

診察や処置に使用する器具

Chapter3 婦人科の検査と診断

子宮腟部細胞診

子宮体部細胞診

子宮頸部組織診

子宮体部組織診

超音波診断法

その他の画像診断

Chapter4 婦人科疾患の基礎知識

性器の炎症

更年期障害

骨盤臓器脱

子宮筋腫

子宮内膜症

子宮頸がん

子宮体がん

卵巣腫瘍

卵巣がん

Chapter5 術前術後の看護

手術前の看護

手術当日の看護

手術直後の看護

術後ドレーン管理

術後疼痛の管理

術後の離床介助

婦人科手術における術後合併症

Chapter6 婦人科手術の基礎知識

腹腔鏡下手術

●column 腹腔鏡の歴史

子宮鏡下手術

単純子宮全摘術

●column 術後、性生活はいままでどおり続けられる?

広汎子宮全摘術

リンパ節郭清

子宮頸部円錐切除術

子宮筋腫核出術

●column 子宮筋腫は不妊の原因になる?

卵巣腫瘍核出術

●Nurse Note 腹腔鏡手術での体外法と体内法の違い

付属器(卵巣・卵管)切除術

●column ホルモン補充療法とは?

骨盤臓器脱手術

Chapter7 化学療法と看護

婦人科でよく使用するレジメン

●Nurse Note 抗がん剤の腫瘍縮小効果の評価基準

有害事象の発現時期と対処法

●column 抗がん剤治療で脱毛した場合、治療後に生えてくる?

Chapter8 放射線療法と看護

外部照射

腔内照射

同時化学放射線療法(CCRT)

放射線治療の合併症

Chapter9 婦人科で使用する特徴的な薬

婦人科で使用する特徴的な薬

●Nurse Note 略語集

PR

秀和システム