合格への第一歩! LPICレベル1試験の前に覚えておきたい基礎知識

概 要

昨今、企業のサーバなどの基幹システムをLinuxで運用することが一般的になってきました。それに伴ってLinuxを管理するエンジニアの需要も増加しています。本書は、Linux技術者の認定試験であるLPIC レベル1やLinuCを受ける前に知っておくべきLinuxの基礎を、Linux経験ゼロの方でもわかるように解説した入門書です。Windowsマシンにインストールして使うための方法を解説するので、新しくマシンを用意する必要はありません。

著者 水口克也
価格 本体2200円(税別)
ISBN 978-4-7980-5407-0
発売日 2018/3/28
判型 B5変
ページ数 304
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 Linuxの基礎

1-1 OS

OSは、システム全体を管理する基本ソフトウェア

アプリケーションは、OSの上で動作している

1-2 Linux

ソースコードが無料で公開されているLinux

GPLによって自由に使えるLinux

カーネルとディストリビューション

代表的なディストリビューション

1-3 オープンソース

Linuxのソースコードは公開され、Windowsは公開されていない

オープンソースには、世界中の開発者が参加している

1-4 LPIC

世界中で実施されるLPIC

LPICレベル1の概要

LPICレベル1の出題範囲

効果的な学習方法

1-5 LinuC

日本で実施されるLinuC

LinuCレベル1の概要

LinuCレベル1の出題範囲

効果的な学習法

[復習問題]

Column Linuxは、同時に複数のユーザで利用できる

第2章 Linuxの基本操作

2-1 CentOSを使う

学習環境の構築

ログインとログアウト(exitコマンド)

再起動とシャットダウン(shutdownコマンド)

2-2 ファイルとディレクトリの構造

ディレクトリは、ファイルの入れ物

ディレクトリの構成

絶対パスは、ルートディレクトリを基点にした指定

相対パスは、カレントディレクトリを基点にした指定

「..」は、上位ディレクトリを表す記号

2-3 ディレクトリの確認

カレントディレクトリを表示する(pwdコマンド)

ディレクトリ内を一覧表示する(lsコマンド)

詳細を表示する(-lオプション)

隠しファイルを表示する(-aオプション)

ディレクトリの末尾に「 /」を付ける(-Fオプション)

2-4 ファイルの確認

テキストファイルの内容を表示する(catコマンド)

すべての行に番号を付ける(-nオプション)

ファイルを1ページごとに表示する(lessコマンド)

テキストファイルの内容の先頭部分を表示する(headコマンド)

テキストファイルの内容の末尾部分を表示する(tailコマンド)

2-5 テキストの並べ替え

バイト数、単語数、行数を数える(wcコマンド)

行を並ベ替える(sortコマンド)

2-6 テキスト内の検索

テキスト内の文字列を検索する(grepコマンド)

[復習問題]

Column デバイスファイル

第3章 ファイルとディレクトリ

3-1 ディレクトリの操作

ディレクトリを移動する(cdコマンド)

ディレクトリを作成する(mkdirコマンド)

3-2 ファイルの操作

空のファイルを作成する(touchコマンド)

ファイルやディレクトリをコピーする(cpコマンド)

ファイル名やディレクトリ名を変更する(mvコマンド)

ファイルやディレクトリを移動する(mvコマンド)

3-3 ファイルとディレクトリの削除

ファイルを削除する(rmコマンド)

空のディレクトリを削除する(rmdirコマンド)

ディレクトリを再帰的に削除する(rm -rコマンド)

3-4 マニュアルの表示

コマンドのマニュアルを表示する(manコマンド)

[復習問題]

第4章 ユーザとグループ

4-1 管理者権限の変更

ユーザUIDとグループIDを表示する(idコマンド)

スーパーユーザは、すべての権限を持つ管理者

ユーザを切り替える(suコマンド)

環境を引き継いでrootユーザに切り替える(suコマンド)

環境を引き継がずにrootユーザを切り替える(su-コマンド)

一般ユーザから一般ユーザに切り替える(su-コマンド)

4-2 ユーザの作成

ユーザを作成する(useraddコマンド)

パスワードを管理する(passwdコマンド)

グループを作成する(groupaddコマンド)

4-3 ユーザ情報の変更

ユーザ情報を変更する(usermodコマンド)

4-4 ユーザとグループの削除

ユーザを削除する(userdelコマンド)

グループを削除する(groupdelコマンド)

[復習問題]

Column ユーザIDとグループID

Column ハードリンクとシンボリックリンク

第5章 パーミッション

5-1 ファイルの所有者と所有グループの変更

ファイルの属性(所有者 /所有グループ)を確認する

ファイルやディレクトリの所有者を変更する(chownコマンド)

ファイルやディレクトリの所有グループを変更する(chgrpコマンド)

所有者と所有グループを変更する(chownコマンド)

5-2 パーミッションの変更

ファイルのパーミッション

ディレクトリのパーミッション

数値を使ってパーミッションを変更する(chmodコマンド)

記号を使ってパーミッションを変更する(chmodコマンド)

5-3 ファイルとディレクトリのパーミッション

パーミッションを表示する(umaskコマンド)

パーミッションを変更する(umaskコマンド)

[復習問題]

Column シャドウパスワード

Column ファイルシステム

第6章 テキストファイルの編集

6-1 viエディタの起動

viエディタを起動する(viコマンド)

viエディタを終了する(:q)

6-2 ファイルの保存 /終了

入力モードに変更する(i、a、oなど)

ファイルを保存 /終了する(:w、:wq、:q!など)

6-3 行や文字の操作

行をコピー /貼り付ける(yy、pなど)

文字や行を削除する(x、ddコマンドなど)

文字列を検索する( /、?、n、Nなど)

6-4 カーソルの移動

カーソルを移動する(h、j、k、l)

行番号を表示させる(:set number)

[復習問題]

Column RPMパッケージ

第7章 シェルと変数

7-1 シェルの仕組み

シェルは、コマンドを翻訳してカーネルに渡す仕組み

与えた文字列を画面に表示する(echoコマンド)

特定のユーザのログインシェルを確認する(grepコマンド)

7-2 シェル変数

シェル変数を確認する(setコマンド、headコマンド)

シェル変数を検索する(grepコマンド)

シェル変数を設定する

シェル変数を削除する(unsetコマンド)

7-3 環境変数

環境変数を表示する(envコマンド)

環境変数を設定する(exportコマンド)

環境変数を削除する(unsetコマンド)

シェル変数を環境変数に変更する(exportコマンド)

7-4 代表的な変数

HISTSIZE変数でコマンド履歴を設定する(historyコマンド)

PATH変数にディレクトリを設定する(exportコマンド)

PS1変数で自分独自のプロンプトを作る

7-5 環境設定ファイル

エイリアスを確認する(aliasコマンド)

エイリアスを設定する

エイリアスを削除する(unaliasコマンド)

環境設定ファイルの読み出し順

3つの環境設定ファイルを編集する(viコマンド)

[復習問題]

Column コンパイル

第8章 ソフトウェアとパッケージ

8-1 パッケージ

パッケージ管理システム

パッケージを確認する(yumコマンド)

[復習問題]

第9章 ファイルシステム

9-1 ファイルシステム

デバイスファイル

ファイルシステムの種類

パーティションを作成する(fdiskコマンド)

ファイルシステムを作成する(mkfsコマンド)

9-2 マウントとアンマウント

マウントする(mountコマンド)

アンマウントする(unmountコマンド)

[復習問題]

Column シェル変数を活用する

第10章 プロセスとジョブ

10-1 プロセスの管理

実行中のプロセスを確認する(psコマンド)

実行中のプロセスをリアルタイムに確認する(topコマンド)

プロセスの親子関係を表示する(pstreeコマンド)

プロセスを終了する(killコマンド)

10-2 ジョブの管理

実行中のジョブを表示する(jobsコマンド)

ジョブをフォアグラウンドで実行する(fgコマンド)

ジョブをバックグラウンドで実行する(bgコマンド)

ジョブを終了させる(killコマンド)

[復習問題]

Column スワップ領域の必要性

第11章 ネットワークの基礎

11-1 ネットワークの仕組み

ネットワークは、コンピュータ同士の繋がり

パケットは、ネットワークを流れる小さな固まり

ビットは、情報を表す最小の単位

デジタルデータと文字コード

11-2 ネットワークのルール

プロトコルは、通信するためのルール

共通のルールによって、通信が可能になる

11-3 OSI参照モデルとTCP /IPモデル

OSI参照モデル

TCP /IPモデル

11-4 カプセル化と非カプセル化

カプセル化

非カプセル化

11-5 LANとWAN

LANは、狭い範囲のネットワーク

WANは、広い範囲のネットワーク

LANとWANの違い

[復習問題]

Column 無線LAN

第12章 IPアドレス

12-1 IPアドレス

IPアドレスは、データを届けるための仕組み

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス

IPアドレスは32ビット

12-2 IPアドレスの5つのクラス

ネットワーク部とホスト部

IPアドレスの5つのクラス

クラス別の最大IPアドレス数

ネットワークアドレスとブロードキャストアドレス

12-3 サブネット

サブネット化とサブネット部

サブネットマスク

[復習問題]

第13章 ネットワークの設定

13-1 ネットワークの設定

IPアドレスを設定する

コマンドでIPアドレスを設定する(nmcliコマンド)

hostsファイルを設定する

resolv.confファイルを確認する

nsswitch.confファイルを設定する

13-2 ネットワークの疎通確認

ネットワークの疎通を確認する(pingコマンド)

[復習問題]

巻末資料 CentOSのインストール

1 VirtualBoxのインストール

VirtualBoxは、仮想ソフトウェア

VirtualBoxをインストールする

新規仮想マシンを作成する

2 CentOSのインストール

CentOSのイメージファイルをダウンロードする

CentOSをインストールする

rootユーザーの作成とパスワードの設定を行う

Column VMware Player

PR

秀和システム