水商売の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本

概 要

水商売の本質について、銀座のクラブホステスのユミさん(22歳)は「お客様のみたい“夢”をみせて差し上げる。それがこのお仕事です」と語ります。本書は、クラブやキャバクラ、居酒屋やバーなど水商売で働く人を取材し、その仕事内容や勤務の実態、そして本音を紹介した業界研究書です。お水として採用されるには、キャリアパス、業種ごとのお仕事など水商売の実情に迫ります。また、お水で成功する人の心構えなど裏話も満載です。

著者 秋山謙一郎
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-5420-9
発売日 2018/6/14
判型 A5
ページ数 192
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

プロローグ “お水”という世界

第1章 “お水”として採用[新人1年目]

01 “お水”人生、最初の半歩 人が好きでなければ勤まらない!?

“お水”に求められるモノとは

3つに分かれる“お水”の世界への入り口――

“お水”とは〈フリーランス〉の集合体である

人が好き……そこにプロとしての意識がある者が生き残る

02 どうすれば“お水”になれる? その入り口はさまざま……

学歴不問―― 18歳以上なら誰でも入り口は開かれている

女の園―― 黒服として成功する人とは?

知られざる黒服の仕事とは

居酒屋チェーン店勤務―― 社員もアルバイトも仕事内容は一緒!?

憧れの「舞妓さん」になるには?

Colimun 居酒屋マン“互助”の精神

第2章 “お水”の考え方[“お水”の目指すもの]

03 目指せ! 夜の世界の…… プロフェッショナル or 経営者 10代でもプロフェッショナル!

“お水”の世界に纏わる風聞から

いつ、誰に見られているかわからない……[著名ホテルの社員バーテンダーの場合]

誰が、どこでみても、「映画のワン・シーンだな……」と思う立ち居振る舞い……[フリーランスのバーテンダー]

〈正社員〉と〈プロフェッショナル〉の違いとは

10代でもプロフェッショナル……[高校卒・18歳でも個人事業主としての自覚が求められる!]

04 究極の“女性に優しい”業界 女性が“専門職”として輝ける業界!?[“お水”の業界風土]

男女雇用均等法以前から“お水”は大卒インテリ女性の間で注目されていた!?

女性が主役、専門職として扱ってくれる“お水”の世界――

Colimun 進路指導教員を通して“お水”を目指す!?

第3章 “お水”という生き方[キャリアパス]

05 新人時代 最近では優しく育てられるというが……

系統だったキャリアパスはある?

〈正社員・お水〉の場合 ホテルマン、大手居酒屋チェーンの正社員たち

ホテルや大手外食チェーン社員が持つ「正社員の身分」

大手居酒屋チェーン―― 大卒で10人入社して、課長になる頃、残っているのは3人くらい

06 フリーランスの“お水”たち クラブホステス、キャバ嬢……

フリーランスだからこそ「自分が商品」!

07 30代までが勝負 女性の“お水”の世界の実情は?

クラブホステスの場合

生涯一ホステスの場合―― 引退は40歳くらい?

独立・開業するクラブホステス―― いつでも独立はできるというが

キャバクラ嬢の場合は? クラブホステスよりも引退年齢が早い

08 知られざる舞妓・芸者への道 中学卒業15歳から入門!

18歳ではもう遅い!? 中学卒業後、すぐにでも修行しなければ間に合わない世界

09 “お水”の世界の男たち “女”を支える裏方たち

裏方としてお客を楽しませ、“お水”の女の子たちを盛り上げる!

バーテンダーの世界―― 系統だったキャリアパスがない実力本位の世界

Colimun “女の世界”で求められる男とは?

第4章 “お水”の業務[ワークス]

10 業態、職種によって異なる“お水”のお仕事 “お水”の仕事を大きく分けると……

広く、浅く、何でもこなせる人が“お水”の世界では生き残る!?

法律的にみた「ホール」がメインの“お水”業態とは

11 風俗営業許可を得ていなければ接待はできない!? “風俗”の意味するところとは……

お客に「料理」と「お酒」は提供しても、“接待”は行わない―― 飲食店

そもそも「風俗営業許可」とは?

12 業態が異なると別業種!? 数ある“お水”業態、その「求められるスキル」とは?

“お水”の仕事3分野―― 「接客」「調理」「裏方」で求められるモノ

嫌われる“黒服志願者”の面接

13 知られざる“舞妓・芸者”のお仕事と1日は? 厳しくも優しい修業

舞妓と芸妓―― 日本文化を伝える伝統芸人ともいえる専門職

14 “お水”の給与は? 知られざる給与システム

努力次第で稼げる社会……その意味するところとは――

知られざる芸妓さんのお給料事情――

クラブホステスのお給料は?―― 東京・銀座と六本木、大阪・キタとミナミ

キャバ嬢のお給料事情―― 実働年数がクラブホステスよりも短いが

バーテンダーのお給料事情は?

知られざるクラブ、キャバクラ「黒服」たちの給与事情は?

Colimun 女性からも人気のホステスの実像……

第5章 “お水”の私生活[プライベートはどう過ごす?]

15 OFFタイムの過ごし方は? “お水”の世界にも休日はある!

“お休み”の日は気が気ではない!?

正社員の“お水”の場合は? ―― シフト勤務の週休2日制

16 “お水”の住宅事情 社宅や寮は?……

住むところが“成功の証”――

地方の“お水”の住宅事情は?

舞妓・芸者置屋は? ―― 究極の“職住接近”

17 “お水”の懐具合は? 高給取りから、もっと頑張らなければならない人まで……

近年では個人事業主として一攫千金を狙うよりも、安定性を狙う?

“お水”で一攫千金はドラマや漫画だけの世界なのか?

Colimun “お水”に求められているのは公私の区別?

エピローグ お客様に活かされる商売??

PR

秀和システム