図解入門業界研究 最新ペットビジネスの動向とカラクリがよ~くわかる本

概 要

日本のペット関連市場は約1兆5000億円規模と推定されています。ペットの「衣食住」から「お別れ」までフルサービスが提供される一方で、ペットをモノ扱いする業者などの問題も指摘されています。本書は、ペットビジネスの最新動向から、市場の仕組み、業種や資格、開業方法、ペット関連企業の動向などを解説した業界入門書です。業界の仕組みと問題点、業界を支える主要プレイヤー、関連ビジネスの市場動向などがよくわかります!

著者 川上清市
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-5430-8
発売日 2018/3/28
判型 A5
ページ数 208
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 ペット業界・ビジネスの最新動向

1-1 ペットは愛玩動物であり伴侶動物

1-2 規模拡大の「インターペット」

1-3 犬の飼育は減少し猫が上回る

1-4 ペット写真がビールで届く

1-5 「VMAT」が各地に誕生

1-6 横浜に犬向け複合施設が開業

1-7 コンビニでペットフードが拡大

1-8 高齢犬向けにヘルスケア

1-9 ペットもウェアラブル端末

1-10 ペット向け新製品も多彩に

1-11 越境ECで中国市場を開拓

1-12 ペットフレンドリー企業が増加

1-13 多様化するペットビジネス

1-14 ペット保険市場が拡大

1-15 獣医は足りている!?

1-16 犬猫殺処分ゼロに自治体動く

1-17 東京都が犬猫譲渡情報サイト

1-18 癒しから一緒に楽しむ存在に

1-19 民間の犬猫保護施設(清川しっぽ村運営委員会)

1-20 「Pet博2018」が盛況に

コラム 文明開化の象徴として犬を飼う生活様式が定着

第2章 ペット業界・ビジネスの市場・仕組みと特徴

2-1 市場規模は一兆四七〇〇億円強に

2-2 ペットフードの出荷額は減少

2-3 タイが国別輸入量で首位

2-4 ペット用品の出荷金額は増加

2-5 マースジャパンが圧倒的な首位

2-6 サービス分野のすそ野は広い

2-7 多様化するペットの生体販売

2-8 ペットを巡る関連法規のいろいろ

2-9 小売事業者数は三〇〇〇社弱

2-10 全国で一万を超す動物病院

2-11 大型犬の利用が多い動物病院

2-12 犬の四割はペットショップで購入

2-13 「生活に安らぎが生まれる」

2-14 ペット用医薬品市場の成長

2-15 ペット葬儀の相談例は犬がトップ

コラム 「犬を飼うと長生きできる」!?

第3章 ペット業界・ビジネスの仕事と資格

3 -1 幅広い「獣医師」の仕事

3-2 獣医師を支える「動物看護師」

3-3 生体繁殖を担う「ブリーダー」

3-4 「トリマー」は犬の美容師

3-5 正しい飼い方を広める「愛玩動物飼養管理士」

3-6 JKC認定の「愛犬飼育管理士」

3-7 「動物取扱責任者」は必須条件

3-8 プロとしての「ペットビジネスマイスター」

3-9 動物の習性を知る「ペット探偵」

3-10 犬訓練士の「ドッグトレーナー」

コラム メダカの産卵、ふ化に感動覚える

第4章 ペット関連ショップの種類と開業術

4-1 ペットショップの仕事内容

4-2 ペットの仕事に必要な届出

4-3 「癒し」の仕事が増加傾向

4-4 場所選びのポイントは

4-5 施設開設で空き家を活用する

4-6 開業資金はどのくらいかかるか

4-7 集客・固定客づくりも重要に

4-8 ルールづくりも欠かせない

4-9 何を基準に価格を決めるか

4-10 ペットの仕事に求められるもの

コラム 母校に住みついた「クロ」に思う

第5章 ペット業界・ビジネスを支える企業の動向

上場企業編

5-1 ペット用品・フードの卸大手(エコートレーディング)

5-2 ペット保険の草分けで業界首位(アニコムホールディングス)

コラム 「トイ・プードル」が九連覇

5-3 ペットケア用品で首位クラス(ユニ・チャーム)

コラム 高齢者のQOL維持に効果-

5-4 高度医療の動物病院を運営(日本動物高度医療センター)

5-5 ペット関連商品卸で業界トップ(あらた)

5-6 ペット専門店を展開(Olympicグループ)

5-7 ペット用トイレ砂を製造・販売(クニミネ工業)

5-8 動物用医薬品事業を推進(サーラコーポレーション)

5-9 犬猫の眼科医療に貢献(メニコン)

5-10 ペット用品・フードも展開(ライオン)

5-11 猫用トイレで存在感(花王)

5-12 ペットフードの大手(マルハニチロ)

5-13 「猫部」を設置し、グッズを開発(フェリシモ)

5-14 ペット情報事業も推進(インタースペース)

5-15 子会社でペットフード事業(兼松)

未上場企業編

5-16 ペット用品を幅広く取り揃え(アイリスオーヤマ)

5-17 高級ペットフードを販売(UGペット)

5-18 独自分野で競争力を発揮

コラム 広がる「動物介在療法」虐待にも科学のメス

第6章 ペット業界・ビジネスの課題と展望

6-1 悪質ペットブリーダーの存在

6-2 未整備のペット関連法制度

6-3 モラルの低い販売業者も

6-4 環境省が飼養施設規制など導入へ

6-5 プレミアムサービスがキーワード

6-6 ロボットはペットになり得るか

6-7 ペットと共生する「幸せ創造産業」

コラム トラブル防ぐ飼い主と獣医師のコミュニケーション

資料編

ペット(動物)関連資格一覧

ペット(動物)関連各種学校一覧

改正動物愛護管理法(動物取扱業者編)

PR

秀和システム