ARKitとUnityではじめるARアプリ開発

概 要

「ARKit」は、iPhoneやiPad(iOS)で動作するARアプリを開発するためのフレームワークです。このフレームワークを利用すると、ARアプリを1から開発するよりも簡単で、iOS11以降では標準で搭載されているため無料で手軽に利用できます。本書は、ARKitとUnityを使ってコンテンツを作る手順を解説した、ARアプリ開発の足がかりになる入門書です。Unityプロジェクトのダウンロードサービス付きなのですぐにARの世界を試せます!

著者 薬師寺国安
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-5436-0
発売日 2018/3/23
判型 B5変
ページ数 316
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 01 ARKitの開発環境の構築

01 ARKitでできること

02 Xcodeのインストール

03 Visual Studio for Macのインストール(任意)

04 Unity 2017.3のインストール

Chapter 02 ARKitのPluginを使う

01 プロジェクトの作成

02 Asset StoreからARKitのPluginを取り込む

03 UnityARkitSceneのサンプルファイルを動かす

04 ビルドしてみる

Chapter 03 平面の床を認識するには

01 プロジェクトの作成

02 端末にビルドする

03 アプリに信頼を与える

Chapter 04 uGUIボタンを使用する

01 プロジェクトの作成

02 プログラムを書く

03 端末にビルドする

Chapter 05 モデルにアニメーション(Animation)を追加するには

01 プロジェクトの作成

02 プログラムを書く

03 端末にビルドする

Chapter 06 モデルにアニメーター(Animator)を追加するには

01 プロジェクトの作成

02 プログラムを書く

03 端末にビルドする

Chapter 07 モデルを空に飛ばしてみよう

01 プロジェクトの作成

02 プログラムを書く

03 端末にビルドする

Chapter 08 モデルと一緒にダウンロードしたアニメーションの使い方

01 プロジェクトの作成

02 プログラムを書く

03 端末にビルドする

Chapter 09 モデルの各パーツを変化させるには

01 プロジェクトの作成

02 プログラムを書く

03 端末にビルドする

Chapter 10 モデルにパーティクルシステムを適用するには

01 プロジェクトの作成

02 プログラムを書く

03 端末にビルドする

Chapter 11 GameObjectの配列を使うには

01 プロジェクトの作成

02 プログラムを書く

03 端末にビルドする

Chapter 12 Shaderを使って別世界への入り口ドアを作る

01 プロジェクトの作成

02 端末にビルドする

03 Shaderとは

Chapter 13 LookAt関数を使ったモデルの追従

01 プロジェクトの作成

02 プログラムを書く

03 端末にビルドする

Chapter 14 オブジェクトに透明な床とPhysical Materialを使う

01 プロジェクトの作成

02 プログラムを書く

03 端末にビルドする

Chapter 15 モデルを拡大・縮小、回転させる

01 プロジェクトの作成

02 端末にビルドする

Appendix 巻末資料

A Unityの画面構成

PR

秀和システム