エクセルは見た目が9割

概 要

みなさんが、日々何気なく使っているエクセルはほんの少し手を加えるだけで、見た目の印象が大きく変わります。例えば、同じ「事業計画表」でも、見た目を変えれば「伝わる」資料になり、獲得できる資金が1億円くらい増えるかもしれません。本書は、エクセルの資料に少しだけ手間を加えることで、見た目を大きく変え「伝わる資料」にするノウハウをわかりやすく解説します。仕事で結果を出す人のエクセル資料の作り方がわかります!

著者 吉岡豊
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-5451-3
発売日 2018/3/29
判型 A5
ページ数 192
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

表作成編

「ふりがな」があれば並べ替えも自由自在! 作業効率が倍増

重複データのないリストで業務をスムースに

誰でもわかる書式で日付を明確に表記する!

電話番号の入力は書式を「文字列」に設定してから

セルに収まりきらない文字の処理で書類作成のセンスが問われる

インデントを使ってデータを見やすく!

休日の文字色は条件付き書式で一発変換!

タイトル行を固定して項目名が常に表示されるようにする

項目名を縦書きにすると表の横スクロールが減る!

フィルターで空白行を抽出して効率よく削除する

並べ替え作業を効率よくワンクリックで終わらせよう

重要な部分は文字色を変更して強調しよう

正しい並び順のリストを使って効率よく作業しよう

セル内の文字の位置を整えて見やすい表にしよう

罫線の色をカラフルにしてデータの訴求力をアップさせよう

プレゼンなどデータは見やすさを優先!

罫線はデータの邪魔になるなら表示させない

データの違いを色と濃淡で表現する

シーンや見せる相手に合わせてフォントを使い分けよう

文字色と背景色をバランスよく組み合わせよう

テーブルの書式設定で一瞬で見栄えのする表を作る!

太字にするよりも太いフォントを選択しよう

桁数が同じならセル幅はきっちりそろえよう

セルの高さと幅に余裕を持たせてデータをゆったり見せよう

計算書編

計算式を使えばかんたんでミスも減る!

数値の「#」表示はみっともないだけでは済まされない

[通貨]表示形式を覚えれば金額の表示は自由自在!

小数点以下の桁数をそろえておくと書類がピリッとしまる

計算式と表示形式でパーセンテージを正しく表示する

四捨五入は小数点以下の桁数が違うと

整数部の値が違ってくるので注意!

データの改ざん、漏洩を考えるとExcelファイルの送信は危険!

日付の西暦・和暦の切り替えは表示形式の設定で!

数値に3桁区切りの「,(コンマ)」を入れるのは常識!

金額は先方の指定がない限り必ず¥マークを入れる

値引き額はマイナス表示にしてしっかりアピールする

正式な書類ではフォントサイズを均一に

セルの高さや幅は極力揃えて見せるのが当たり前

エラーを修正して間違いのない書類に!

マイナスの金額は自動で赤で表示するように設定する

合計値が合わないときはセル範囲を確認!

見積書の日付は年の値を表示するのが常識

通貨記号の切り替えは

[通貨表示形式]ボタンのリストから選択するだけ

「個」や「人」などの単位も表示形式を使えば設定できる

仕様書で同じ項目に同じ値が並ぶのはみっともない

セル内のデータは指定した位置で改行できる!

データを適切に配置して見やすい表にする

大きい金額は必ず千円単位に直して見やすくする

計算式をコピーして効率よく値を算出

数値のフォントにメイリオを使うと好印象!

罫線を使ってデータを区別してみよう

計算式を表示させる

表示したくないデータは削除しないで非表示にする

グラフ編

グラフにしたときにわかりやすいように表のデータを並べ替える

グラフを際立たせるために目盛線はできるだけ消す

軸の数値を千円単位に直したらグラフが読みやすくなった!

グラフの視覚効果は可能な限りなくしたほうが見やすい

3D効果はグラフをゆがめて正しく情報を伝えられない!

グラフの色を一括で変更して効果を検証する

不要なデータは非表示にして適切に比較・分析する

データの内容とグラフが合っていないときは

グラフの種類を変えてみる

棒グラフの凡例は必ず上に配置する

データを各棒グラフの上部に表示させればグラフは見違える!

フォントのサイズと色を変更してグラフを見やすくする

注目して欲しいデータはシンプルに1色で訴える!

データをまとめてグラフの切り口を変えてみる

円グラフを加工してポイントとなるデータをアピールする!

円グラフの凡例とデータラベルはグラフの中に配置する

円グラフのデータは色の塗分けで注目度アップ!

全体と項目を比較したいときはドーナツグラフを使う!

データのない領域を省略して

折れ線グラフをわかりやすく表示する

折れ線グラフの凡例は右側が基本

左右の余白を詰めて折れ線グラフをきれいに見せる

グラフを組み合わせて全体の傾向と

個別のデータをわかりやすく表示する

折れ線グラフを塗りつぶして傾向をわかりやすくする

空白セルで途切れたグラフをつないで見せる

図形編

塗と線の両方に色を付けない

情報を読み取りやすいように図形の色をそろえる

図形にポップなフォントは使わない

図形の形がバラバラだと内容の印象が薄くなる

矢印のバランスが悪いとしまりのない書類になる

矢印は目立たせず書類をシンプルに!が原則

立体(3D)効果は極力使わない方が良い

複雑な図形は使わない

図形を整列させる方法を知っておこう

吹き出しを効果的に使う

吹き出しは正しく使ってすっきり見せる

チャート図を効率よく活用する

写真の効果を最大限に利用する

写真の操作には注意する

ちょっとしたコメントなどはセルを使わない

見た目が良いロゴを作る

印刷編

フッターを追加してページ番号を表示させる

各ページに社名とタイトルを入れる

資料の各ページに会社のロゴを入れる

左側の余白だけを大きくしてみる

印刷されたリストの各ページにタイトル行を表示させる

行・列番号を印刷する

コメントを印刷する

すべての項目が用紙の幅に収まるように印刷する

改ページプレビューを使って白ページの印刷をなくす

表のタイトル行と離れた範囲を連結して印刷する方法

PR

秀和システム