Redhat Package Manager Manual & Reference

概 要

Linuxのスタンダードといわれるredhat LinuxはRPMによるパッケージ管理がしっかりしているため、そのインストールのしやすさには定評があります。そのため多くのディストリビューションがredhat Linuxをその基礎に取り入れており、ほとんどのLinuxでRPMによるパッケージ管理が有効になっています。本書ではRPMの仕組みから、インストール、アンインストール、カスタマイズ、及びRPMパッケージ制作の方法などを詳解に解説しております。また、RPM-MODE.elを使用したSPECファイルの制作方法など、RPMに関係のあるアーカイバにも触れています。

著者 神田充
価格 本体2400円(税別)
ISBN 4-87966-976-8
発売日 2000/02/01
判型 A5
色数 1色
ページ数 192
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ Manual&Refarence
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

PR

秀和システム