図解でわかる! メール営業

概 要

営業マンのみなさん、メール営業は得意ですか? メールを書くのが苦手、書いても読んでもらえない、仕事につながらない、お客様に言いにくいことをどう書けばいいのか……などでお悩みではありませんか。本書は、メール営業を駆使して独立した著者が、営業職ならではのメールの悩みに答えます。メールの書き方、メールを使うべきでないとき、メールを送るタイミングなどコツをつかむことで、難しいアポイントも取れるようになります!

著者 平野友朗
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-5373-8
発売日 2018/6/21
判型 四六
ページ数 208
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章メール営業の基本

1-1 メール営業は難しくない

1-2 メールはコミュニケーション手段の一つ

1-3 メールは届いている、読まれている

1-4 営業のメールとは

1-5 メールは個人のものではない

1-6 メールの“常識”は見られている

1-7 営業されたくないので営業はしない!?

1-8 メールは仕事の武器になる

1-9 メールは魔法のツールではない

1-10 メールを使わないほうがよいとき

1-11 ビジネスメールの基本の型

1-12 開封される件名の付け方

1-13 件名に書かないほうがよい言葉

1-14 誰宛てのメールか一目で分かるように

1-15 名前の間違いは信頼をゼロにする

1-16 会社名は必ずしも必要ではない

1-17 挨拶はコミュニケーションの基本

1-18 ワンパターンの挨拶にならない秘策

1-19 状況に合った名乗り方

1-20 メールの全体像が分かるように

1-21 目的を考えれば書くべき情報がまとまる

1-22 要旨で行動を促す

1-23 詳細を書く前に考えたいこと

1-24 論理的な文章が評価につながる

1-25 一回読んで理解できるように

1-26 レイアウトがメールの要

1-27 結びの挨拶でメールを締める

1-28 ワンランク上の結びの挨拶

1-29 次につなげる結びの挨拶

1-30 署名に書くべき情報とは

1-31 署名を付ける場所

1-32 宛先の違いを知る

1-33 宛先を正しく使い分ける

第2章メール営業実践編

2-1 メールを書く目的とは

2-2 曖昧な言葉を使わない

2-3 解釈は相手次第

2-4 具体的な表現で誤解を防ぐ

2-5 メールを送る最適なタイミング

2-6 リマインドメールもタイミング次第

2-7 メールを送るべき時間帯

2-8 返信遅れが評価を下げる

2-9 お客さまは本心を教えてくれない

2-10 メールで印象をコントロールする

2-11 営業言葉を使わない

2-12 「思います」を使わない

2-13 仕事につなげる一言を

2-14 敬語が苦手でもメールは書ける

2-15 人柄を伝えるメールを書くには

2-16 状況に合わせて言葉を選ぶ

2-17 できないときは、できないと伝える

2-18 人を動かすメールの書き方

2-19 情報の欠落をなくす

2-20 返事がもらえるまで伝え続ける

2-21 選ばれる問い合わせ対応

2-22 営業プロセスを考える

2-23 相手の真のニーズを読み解く

2-24 転送のルール

2-25 不明点は確認する

2-26 選ばれるためには接触回数が命

2-27 接触回数を最大化するために

2-28 ストレスなくメールを送るコツ

2-29 接触を維持するだけでも高評価

2-30 定期的なメールの送り方

第3章メール営業応用編

3-1 アポイントメントを取る(会える可能性が高い場合)

3-2 アポイントメントを取る(会えるか分からない場合)(1)

3-3 アポイントメントを取る(会えるか分からない場合)(2)

3-4 アポイントメントが取れたら

3-5 面談(訪問)前日にはリマインドメールを送る

3-6 面談(訪問)後にはお礼メールを

3-7 提案書をメールで送る

3-8 お客さまから断られたときの対処法

3-9 断られても逆転ができるか!?

3-10 メールの返事がこなければ確認する

3-11 イベントや見学、お試しを誘う

3-12 メールでの料金交渉

3-13 依頼を受ける(承諾)

3-14 依頼を断る

3-15 感謝の気持ちを伝える

3-16 間違っていることはうやむやにしない

第4章メール営業Q&A

4-1 いつまでフォローしたらいいですか?

4-2 お客さまが期限を守ってくれません

4-3 約束を忘れていました。どうやってお詫びをしたらいいですか

4-4 食事をご馳走になりました。どんなお礼をしたらいいですか?

4-5 退職することになりました。メールをすべきですか?

4-6 偉い人はTOに入れるものでしょうか?

4-7 署名にはどんな工夫ができますか?

4-8 文章力を高める方法を教えてください

4-9 メールを速く処理できるようになりたいです

4-10 メールで考える時間を少なくしたい

4-11 入力速度を速くしたい

4-12 スマートフォン用にメールのレイアウトを変えるべき?

4-13 絵文字、顔文字は使ってもいいのでしょうか?

4-14 急な連絡をしたいのですが、自分のフリーメールでもOKですか?

4-15 仕事でLINEを使ってもいいのですか?

PR

秀和システム