地方在住サラリーマンでも資産2億円! 私が東京の中古ワンルーム投資で自由な人生を手に入れた方法

概 要

サラリーマンは、定期収入があり生活が安定しています。しかし、突然の入院、家族の不幸、会社の倒産など、いつまで安定した生活をおくれるか誰にもわかりません。本書は、地方在住のサラリーマンでありながら東京の中古ワンルーム不動産投資でコツコツと資産2億円を築いた著者による不動産投資の入門書です。いざという時や老後の生活のため、人生を賭けた博打ではなく、少しずつ収益を積み上げていく不動産投資のノウハウです。

著者 台場史貞
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-5390-5
発売日 2018/2/28
判型 四六
ページ数 232
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 なぜサラリーマンには不労所得が必要なのか?

1 サラリーマンに不労所得が必要な理由

2 サラリーマンだからこそ実感する不条理な現実

3 波乱万丈のサラリーマンだからこそ感じた将来の不安

4 現状を嘆いても何も生まれない

5 社畜にならないためにできること・すべきこと

6 不労所得から得られるものは何か

第2章 不労所得を得るにはなぜ不動産投資がお薦めなのか?

1 投資に興味のない人と賢明な投資家の違い

2 私なりに不労所得を定義してみた

3 株式投資は安定的な不労所得には不向き

4 不労所得の柱は不動産投資で確保する

5 資産形成はスピードと安全性で判断する

6 地方に住んで東京を買う①これが不労所得の〝最短・最安全〟コース

7 地方に住んで東京を買う②なぜ地方を買うのはやめたほうがいいのか

8 地方に住んで東京を買う③東京の中古物件を買う

第3章 不動産を買う前にゼッタイやるべきこと

1 不動産投資をはじめる決意をしたら最初にこれだけはやっておこう

2 まず、たくさんの不動産セミナーに参加してみよう

3 セミナーに参加して不動産会社の方向性を知る

4 不動産営業マンの言葉の裏の真実を探る

5 サラリーマンと比較して不動産のリスクについて考える

6 購入価格のほかにかかるお金の抑え方

7 不動産投資のレバレッジ効果とは?

8 借入金のメリットとデメリットを知ることも大切

9 不動産投資は将来の加速度に期待する投資である

10 手を組む不動産会社・賃貸管理会社の選択を間違わない

11 最低限の物件の相場感覚は身につけておこう

12 上をめざすには、先行する人たちの世界に飛び込むのが早道

第4章 不動産を買ったあとにやるべきこと

1 安全と加速度の両立で目標15室を達成

2 購入後の実際のお金の出入りをチェックしよう

3 サラリーマンでも押さえておきたい確定申告の留意点

4 マンション管理組合とのつきあい方

5 入居者から退居予定の連絡が入ったときの留意点

6 知らない不動産会社からの電話やDMへの対応

7 物件を購入した不動産会社主催の行事やセミナーへの参加

8 次に購入したいエリアについて知識を深めておこう

9 次の購入方針は借入金の割合を見て決めよう

10 めざせ! 青色申告控除65万円

11 会社を設立しお金に縛られない生き方をめざそう

12 もらった以上の知識を他人に返すべき

第5章 不動産投資で成功し自由な人生を手に入れる!

1 「はじめる力」が大きい人は最少努力で目標に到達できる

2 何かを依頼されたときが最大のチャンス

3 どんな人もはじめるなら「いま」だ!

4 マイナスをプラスに変える考え方が大切

5 サラリーマン退職後の未来予想図を描く

6 自由な人生の「出口」をどう考える?

PR

秀和システム