YouTube完全マニュアル

概 要

動画で商品をPRしたい! 面白いアイディアがあるから皆に見てほしい! そんなときはYouTubeへ動画をアップロードしてみましょう。本書は、YouTubeの使い方を動画の視聴から、投稿、動画編集、広告収入を得るための方法まで一連の流れにそって解説した入門ガイドです。これまで視聴するだけだったけれど投稿もしてみたい人、広告収入を得たい人、ビジネスでの集客やブランディングに活用したい人はまずここから始めましょう!

著者 桑名由美
価格 本体1380円(税別)
ISBN 978-4-7980-5423-0
発売日 2018/6/23
判型 A5
ページ数 256
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter01 YouTubeでできることやサービスの内容について知ろう

SECTION 01-01 YouTubeってどんなサービス?

01-02 YouTubeで何ができる?

01-03 YouTubeの利用に必要なもの

01-04 動画が配信される仕組み

01-05 YouTubeの活用例

Chapter02 スマホやパソコンで動画を視聴しよう

SECTION 02-01 マホでYouTubeを使うには

スキマ時間に動画を楽しめるスマホとYouTubeアプリは相性抜群

02-02 YouTubeの画面構成

02-03 見たい動画を再生する

スマホでもパソコンでも再生の操作は基本的に同じ

02-04 画質を下げて視聴する

電波状況が悪く、再生が遅くてイライラする場合にも

02-05 画面全体に動画を表示する

全画面表示にするかどうかで、見やすさがかなり違う

02-06 人気上昇中の動画を見る

観光の人気スポットも、近年はYouTube発が多い

02-07 2倍速で動画を見る

特定の箇所のみ見たかったり、全体をざっと把握したいときに

02-08 特定の単語を除いて動画を検索する

汎用的なテーマやアップする人が多そうな動画を探す場合に

02-09 今日投稿された動画を探す

旬の話題の、最新情報を見逃したくない時に

02-10 時間が短い動画を探す

調べたいテーマについて、概要だけ急ぎで知りたいときに

02-11 特定の単語が含まれたタイトルの動画を探す

再生回数稼ぎ目的の、無関係な動画を無駄に見なくて済む

02-12 動画の順序を並べ替える

同じテーマで「新しい順」でも「人気順」でも動画を探したいとき

02-13 投稿者の他の動画を見る

気になる投稿者の動画をまとめて見たいときに

02-14 アカウントを取得するとできること

アカウントが無いと投稿できず、リストやチャンネルも使えない

02-15 アカウントからログアウト・ログインする

スマホではほとんどの場合、常時ログインした状態になる

02-16 アカウントを追加する

アカウント無しでも使えるが、活用したかったらアカウント取得は必須

02-17 過去に見た動画から再生する

どう検索して見つけたか、よく覚えていない場合に

02-18 一旦リストに入れておき、後で再生する

気になる動画だが、再生リストに入れるほどでもないときに

02-19 再生リストに動画を登録する

「お気に入り」のような機能で、利用にはチャンネル作成が必要

02-20 再生リストの動画を見る

連続再生できるので、音楽を楽しみたい時にも便利

02-21 再生リスト内の動画を並べ替える

新着順に並べつつ、任意の1本を最初にするなんてこともできる

02-22 再生リストの公開・非公開を変更する

自分だけで楽しみたいリストと、皆に見せたいリストを使い分けられる

02-23 再生リストのタイトルを変更する

公開しているリストは、皆が見たくなるよう名前を工夫しよう

02-24 動画に評価を付ける

高評価が増えると投稿の励みになる

02-25 動画にコメントを付ける

コメントを通じて、SNSのように他の視聴者と交流できる

02-26 360°動画やVR動画を視聴する

新感覚の動画体験を楽しめる。投稿についてはSECTION 03-24参照

02-27 動画に字幕を表示する

海外の動画を再生するときに字幕があると便利

02-28 YouTubeの音楽を聴く

アーティストの公式PVなども多数ある音楽専門のチャンネル

02-29 他の投稿者にプライベートメッセージを送る

Twitterのダイレクトメッセージのような機能

02-30 有料の映画やテレビ番組を見る

パソコンで購入し、再生はスマホでといったこともできる

02-31 ライブ動画を見る

他のユーザーとチャットしながら見られる生放送

Chapter03 動画を公開したり、共有しよう

SECTION 03-01 YouTubeに投稿できる動画

「著作権に触れていない」「公序良俗に反しない」

などの条件がある

03-02 動画の画質やサイズ、ファイル形式について知っておく

主要な動画形式にはほぼ対応しているので、あまり気にしなくて大丈夫

03-03 スマホで動画を投稿する

スマホで撮ってその場で編集/投稿できる。操作も簡単

03-04 パソコンで動画を投稿する

細かな設定や見栄えの良い加工をするならパソコンから投稿

03-05 動画の説明やタグを変更する

検索してもらうために重要な「タグ」を必ず付けよう

03-06 投稿した動画を削除する

不審に思われる場合もあるので、あまり頻繁に削除しない方がいい

03-07 非公開の動画を公開する

まずは非公開で投稿し、チェックしてから公開にするのもおすすめ

03-08 予約投稿機能を使う

早朝/深夜の公開や、公開したい日に自分が不在の場合に

03-09 アカウントの本人確認をする

電話がかかってきて確認する方法と、SMSを使う方法がある

03-10 動画のサムネイルを変更する

他の検索結果に埋もれないよう、サムネイルも工夫しよう

03-11 評価を非公開にする

付いた評価で動画の印象が損なわれるのが心配な場合に

03-12 15分を超える動画を投稿する

ハウツーやストーリーなど、どうしても動画が長くなってしまう場合に

03-13 投稿した動画を再生リストでまとめる

「何をテーマにしているのか」視聴者がきちんとわかるリストにしよう

03-14 次の動画に自分の動画が表示されるようにする

「シリーズ再生リスト」で自分の動画を連続再生できるようにする

03-15 コメントを承認制にする

悪意があったり、スパムのようなコメントは表示したくない場合に

03-16 特定の人のコメントだけを常に承認する

ある程度固定のユーザー同士でやり取りが多い場合に

03-17 特定の人からのコメントをブロックする

悪意のあるコメントを放置しておくと、チャンネル全体の印象が悪くなる

03-18 コメントにNG用語を設定する

公序良俗に反するような用語を書き込まれないためにも有効

03-19 リンクを知っている人だけが動画を見られるようにする

メールでURLを送れば、相手はクリックで簡単に動画が見られる

03-20 特定の人だけが動画を見られるようにする

毎回、公開前に特定のメンバーで確認するような場合はこちらが便利

03-21 自分のブログへYouTube動画を埋め込む

ブログの読者なら、記事に埋め込めば高確率で再生してくれる

03-22 動画を投稿すると同時にTwitterに載せる

最新の話題に強いTwitterを活用しよう

03-23 YouTubeに公開した動画をプレゼンで使う

「写真+文字」で伝えづらいと思ったら、動画をスライドに入れよう

03-24 360°動画を投稿する

専用のカメラやアプリが必要だが、インパクト抜群の動画が作れる

03-25 動画をライブ配信する

チャットで視聴者とやり取りしながら配信することも可能

Chapter04 「チャンネル」を活用して情報発信や他のユーザーと交流しよう

SECTION 04-01 チャンネルの基本をおさえる

YouTubeでの情報発信基地となり、ビジネスで活用するなら必須

04-02 他ユーザーのチャンネルページを見る

色々なチャンネルを見て、人気が出るヒントを探そう

04-03 他ユーザーのチャンネルを登録する/解除する

気になるチャンネルを登録しておけば、通知を受け取れる

04-04 新しいチャンネルを作成する

個人のアカウントでチャンネルを作成したくない時に

04-05 チャンネルの概要説明文を追加する

誰がどんな目的で公開しているのか、視聴者が分かるようにしよう

04-06 チャンネルのキーワードを設定する

検索されるための重要な要素なのできちんと設定しよう

04-07 チャンネルの名前を変更する

アカウントとは別の名前をチャンネルに表示したい時に

04-08 チャンネルのアイコンを変更する

チャンネルの個性を感じられるアイコンを設定しよう

04-09 チャンネルアートを変更する

アイコンだけでなく、トップページの画像にもこだわろう

04-10 タイトル入りのチャンネルアートを作成する

チャンネル名やキャッチコピーを入れて、目を引くページにする

04-11 おすすめのチャンネルを表示する

公開している動画にテーマが近いチャンネルを設定しよう

04-12 チャンネルにホームページへのリンクを追加する

チャンネルを見た人をブログや自社サイトに誘導しよう

04-13 チャンネルのトップページをカスタマイズする

人気の動画や再生リストを表示させよう

04-14 新しい視聴者向けにチャンネルの紹介動画を固定表示する

チャンネル未登録の視聴者にのみ表示される動画

04-15 ブランドアカウントの動画をGoogle+に投稿する

GoogleのSNSでブランドアカウントが検索されるようになる

04-16 送られてきたプライベートメッセージを読むには

チャンネル改善のヒントや、ビジネスのきっかけになることもある

04-17 フリートークで視聴者とやり取りする

コメントは動画ごとにつけるが、こちらはチャンネル全体としてやり取り

Chapter05 撮影や編集のコツを覚えて魅せる動画を作ろう

SECTION 05-01 動画の撮影に必要なもの

基本的にはスマホがあればOKで、三脚などの小物があると便利

05-02 スマホで撮影するときのポイント

横向きの画面で撮影した方が、見やすい動画になる

05-03 動画を編集するとは

画面の明るさを変えたり、余計なシーンをカットする

05-04 明るさやコントラストを調整する

動画編集アプリが無くても、YouTubeの機能で調整できる

05-05 動画を切り取って一部分を使用する

必要無いものが映っていたり、同じようなシーンがダラダラ続く時に

05-06 人物の顔や車のナンバープレートなどをぼかす

個人情報が分かるものが映り込んでいたら対処が必要

05-07 手ブレを補正する

動画がぶれていると見る気を失ってしまう人は多い

05-08 スローモーションや倍速にする

重要なところで効果的に使うのがポイント

05-09 動画にフィルタを付ける

SNSの写真のように、フィルタで雰囲気を変えられる

05-10 動画にBGMを付ける

ライセンスフリーの素材など、著作権に触れないものを使おう

05-11 動画に字幕を入れる

音を出さずに再生する人に効果的

05-12 動画の最後で他の動画へ誘導したり、チャンネル登録をうながす

最新動画や、視聴者の嗜好に合った動画を設定できる

05-13 カードを使って動画を宣伝したり、アンケートを取る

動画の後半だけでなく、任意のタイミングに表示できる

05-14 動画に会社のロゴを透かしで入れる

公開しているすべての動画に、自動でロゴが入る

05-15 スマホのアプリでオープニング動画を作る

センスのいいテンプレートから簡単に作成できる

05-16 スマホのアプリで動画に文字を入れたり、動画をつなぎ合わせる

パソコンの無い外出先でも動画の編集ができる

Chapter06 YouTubeの広告とアクセス解析の使い方を理解しよう

SECTION 06-01 YouTubeの広告とは

動画の最初に流れるCMや、検索結果に表示されるものなど様々

06-02 広告で収益を得る仕組み

一定以上の視聴者を得ているユーザーが広告を入れられる

06-03 収益用の広告形式

動画やバナーの形式があり、主に6種類

06-04 広告収益の設定をする

パートナープログラムに参加し、審査を受ける必要がある

06-05 動画ごとに広告の形式を設定する

指定できるのは広告の形式のみで、内容は指定できない

06-06 クリエイターツールで解析する

視聴者の属性や検索されたキーワードなどが分かる

06-07 YouTube Studioで解析する

クリエイターツールは、将来的にこちらに統合される予定

06-08 YouTubeに広告を出すには

Google Adwordsに申し込んで出稿する。最初は予算を抑えめに

Chapter07 トラブルを避け、安全・快適に使うために知っておきたいこと

SECTION 07-01 著作権/肖像権とは

知らずに違反してしまうことも珍しくないので注意

07-02 YouTubeを利用してトラブルにあったら

当事者同士での解決が基本になるので、トラブルは極力避ける

07-03 YouTubeの動画をダウンロードしてもいいの?

自分が投稿した動画以外は基本的にダウンロードできない

07-04 個人情報が分からないようにして利用する

個人を特定されそうなものが映り込んでいないか気を付ける

07-05 評価した動画や登録チャンネルを見られたくない

ビジネスでも趣味でも同じアカウントを利用している場合などに

07-06 データ通信量を抑えるためのテクニック

Wi-Fi環境で視聴/アップロードするのが最善

07-07 通知のオン/オフを変更する

YouTube以外のアプリからも、頻繁に通知が来る人に

07-08 ダッシュボードをカスタマイズする

ダッシュボードは「ウィジェット」と呼ばれる要素で構成されている

07-09 複数の人でチャンネルを管理する

メンバー各自のアカウントで、同じチャンネルを管理できる

07-10 チャンネルのURLを短くしたい

一定の登録者数があり、アイコンなどが設定済みの必要がある

07-11 YouTubeの拡張機能

WebブラウザーにGoogle Chromeを使っている必要がある

PR

秀和システム