図解ポケット ドラッカー経営がよくわかる本

概 要

経営の神様といわれるドラッカーの経営理論は、実践的ですぐに業績を伸ばせる素晴らしい経営理論です。しかし、その一方で内容が難解で初心者が使いこなすのは難しいともいわれています。本書は、経営学を学んでいない初心者でもわかりやすいように、ドラッカーの経営理論を徹底的に噛み砕いて解説したハンディサイズの便利な入門書です。「顧客の創造」「知識が事業である」などドラッカー流経営理論のポイントを完全図解します!

著者 藤屋伸二
価格 本体950円(税別)
ISBN 978-4-7980-5536-7
発売日 2018/8/10
判型 四六
ページ数 204
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

part1 ドラッカー経営の基礎知識

Chapter1 事業の目的は「顧客の創造」って、こういうことだったのか!

1-1 売上は企業の存在価値をあらわす

1-2 利益とは何か?

Chapter1 「知識(ノウハウ)が事業」って、こういうことだったのか!

2-1 割安感を売る

2-2 企業は人なり

Chapter3 「強みが事業である」って、こういうことだったのか!

3-1 顧客は、価値にお金を払う

3-2 何が強みか

3-3 魅力になるまで徹底する

3-4 弱みは無視か後回し

Chapter4 「企業の基礎的条件」って、こういうものだったのか!

4-1 顧客(マーケティング)志向

4-2 生産性志向

4-3 改善・革新(イノベーション)志向

Chapter5 「リスク」って、こういうものだったのか!

5-1 経営そのものがリスクである

5-2 企業のリスクは四種類

Chapter6 「コスト」って、こういうものだったのか!

6-1 コストとは何か

6-2 ムダ遣いはコストでさえない

6-3 コスト管理の五原則

Chapter 「目標による管理」って、こういうことだったのか!

7-1 「目標管理」の三つの間違い

7-2 自己責任

7-3 八つの目標領域

Chapter8 「自ら変化を起こす」って、?こういう手順だったのか!

8-1 変化のための三つの仕組み

8-2 ビジネスチャンスの発見

8-3 変化のための手法と予算

part2 ドラッカー経営で戦略を創る

Chapter1 「戦略」って、こんなに重要だったのか!

1-1 「モグラたたき」の経営

1-2 経営戦略がなければ判断基準がない!

1-3 行ってはいけないこと

1-4 行うべきこと

Chapter2 「戦略策定」の前には、こんなことが必要だったのか!

2-1 何をもって適正というのだろう?

2-2 「やりたいこと」と「貢献できること」を区別する

2-3 過去を切り捨てる

Chapter3 「戦略を導き出す要素」は、この三つだったのか!

3-1 経営環境

3-2 事業目的

3-3 自社の強み

Chapter4 「戦略を決定する要素」は、この三つだったのか!

4-1 対象市場

4-2 商品

4-3 流通経路

Chapter5 「戦略」には、こんな種類があったのか!

5-1 総力戦略

5-2 ゲリラ戦略

5-3 ニッチ戦略

5-4 商品や市場の意味を変える戦略

Chapter6 「売上」って、こんな区分で伸ばすのか!

6-1 市場浸透で伸ばす

6-2 商品開発で伸ばす

6-3 市場開拓で伸ばす

6-4 多角化で伸ばす

6-5 販売促進で伸ばす

?Chapter7 「特徴ある企業になる」とは、どういうことか!

7-1 無難や平均を求める危険性

7-2 独自化を図る

7-3 差別化を図る

7-4 新しい市場を創り出す

7-5 顧客を特定する

PR

秀和システム